1. HOME
私が自分で過払い金を返して貰った方法をお教えします

不景気な世の中ですから、給料日までのつなぎや、生活費の足しにと思ってキャッシングした経験がある方も多いではと思います。ほんの数日のつもりが、ついつい長く借りてしまい、気が付いたら月またいでしまったりしますよね。

ところで、2006年(平成18年)より前にキャッシングしたご経験はありませんか? もしその頃にキャッシングをした事があるなら、あなたはラッキーかもしれません! 何故って、その頃は、超高金利(29.2%)が普通でしたので、現在の法定利息(18%)との差額分が過払金としてあなたに戻ってくる可能性が非常に高いからです。

その後2009年(平成21年)までは大多数の業者が利息制限法以上の金利を取っていましたから、そのころまでにキャッシングしていたご経験のある方は、その当時の金利が、元金10万円以下なら20%、10万円超100万円以下18%、100万円以上は15%の上限金利以内だったかを、たしかめてみましょう。

私も、このいわゆる「過払い金請求」で過払い金を返還してもらえたひとりです。しかも私は、弁護士や司法書士などの専門家を一切使うことなく、自分(とパソコン)だけで過払い金請求をし、結果、見事返還してもらうことに成功したのです。

それで、今回はこれから「過払い金返還請求をしようかな」とお考えの方のために、私がパソコンだけで過払い金請求に成功した時のお話をしていきたいと思います。

1 まず、Yahoo!で過払金返還請求を検索してみました

私は、とりあえず情報収集からだ!と思い、パソコンを開き、Yahoo!検索で「過払金返還請求」調べて見ました。すると驚いたことに、そこには「貴重な過払い金の参考資料」が浜の真砂の数ほどありました。

私はそれを半日掛けて片っ端から読み飛ばして知識を吸収しまくりました。ほとんどは弁護士や司法書士の宣伝・勧誘なのですが、よくよく読んでみると、「過払い金返還請求」のコツとか要点がチラホラと埋め込まれています。

2、3日勉強したら、「これなら 先生様に大金積んで頼まなくても自分で出来そうだな」…と思えてきました。

そして、役に立ちそうな記事のあるURLをしこたまコピペしてメモっていきました。これで知識については大体充分でしょう。あとは突撃するのみ!!(…と当時の私は思いました。)

2 過払い金の計算方法ですが…

でも、そもそも一体どのくらいの過払い金が発生しているのか見当もつきません。ここでまたまた、「Yahoo!検索」の登場です。今度は、「過払い金計算ソフト」を探してみることにしました。

調べてみると、過払い金請求で有名な司法書士、外山敦之氏の「外山式過払い金の計算ソフト(http://homepage1.nifty.com/office-toyama/)」を始めとして、沢山の無料の「過払い金計算ソフト」が綺羅星のごとく並んでいました。

そこで、ユーザーの口コミ、評判などで比べてみますと、一番使い勝手が良さそうなのは、「(株)TDONの引き直し計算ソフト(http://www.tdon.jp/download/main.htm)」だと思い、ぜひこれを使いたいと思いました。(残念ながら3150円の有料ソフトだったのですが)

早速アクセスして見ますと、インストール後7日間は無料試用期間だそうなので、やはりこれを使うことに決めました。

ただ、コレを使うには(過払い金を計算するには)「取引履歴データ」なるものが必要だということなので、ソフトのダウンロードは後回しにして、大至急「取引履歴」を送って貰うためクレジット会社に電話しましたところ、本人確認とやらで、

  • カード番号
  • 氏名と生年月日
  • 郵便番号
  • 住所
  • ETC

…を立て続けに聞かれた揚句、ようやく受け付けて貰えましたが「只今相当に混み合っていますので2、3ケ月お待ち下さい」とのことでした。

3 いよいよ過払い金の計算、そして過払い金返還請求!

2、3ケ月と言われていたのですが、2週間位で、書留便よりややこしい身分証明がないと受け取れない変な郵便封書で「取引履歴」が送られてきました。

大喜びで、「(株)TDONの引き直し計算ソフト」をダウンロードしました。使い方は簡単で、データを打ち込むだけ! せいぜい30分程で完了しました。なんと15万円以上の過払い金が請求できるようです。

お金払ってないと(試用期間中)、印刷は出来ないそうなのですが、試しに「コピペ」してみたところ簡単に成功! バンザイ!! です。

さっそく「計算書のコピー」と「過払い金返還請求書」をクレジット会社へ送りました。

その後1週間くらいで、クレジット会社からクレジット会社の計算表が送られてきたのですが私の計算とピッタリでした。

さらに数日後、クレジット会社の印鑑の押された「和解合意書」が2部送られてきたので署名捺印して送り返すと、わずか数日後、15万5253円が振り込まれました。

私は今回自分で手続きをして過払金を返してもらった訳ですが、相手が銀行系のクレジット会社だったので割合簡単に出来たのかも知れません。

闇金に近い様なところは手強いとも聞いています、が非は向こうにあるのですから決して恐れる事はありません、自分で充分出来ます。

貴方も頑張って過払い金をしっかりお取り返しなって下さい。ご成功を祈っています。

「やっぱり自分で過払い請求する自信がないかも・・・」そんなあなたは法律事務所に相談すべき!?

さて、ここまでご自分で過払い金を取り戻す方法をご説明してきましたが、

「ちょっと私には難しいかも・・」
「電気屋で値引き交渉もできないし・・」

と思われた方もいらっしゃると思います。

私も経験がありますが、お金を借りているという引け目から、なかなかご自身で請求を個人で起こすことは難しいものです。
しかし、自分で過払い金請求ができないという場合は、これからもずっと利息制限法で定められている利息よりかなり高い金利を払い続けていかないといけないのでしょうか?

いいえ、そんな場合は専門家(=法律事務所)に相談するのも一つの手です。

また、消費者金融は、対応のしっかりしている大手ばかりではありません。小さな会社や闇金など、素人では対等に話しができないケースもあります。

そこで、今回、私は芝公園で法律事務所を開設されており、著書「弁護士が教える借金解決マニュアル」等、債務整理に詳しい山崎陽久弁護士に話をお聞きしてみました。

管理人(以下略)- 山崎先生、本日はよろしくお願いします。

山崎弁護士(以下、山)「はい、こちらこそよろしくお願いいたします」

- 早速ですが、過払い請求って実際、自分でやるのと法律事務所さんにお願いするのってどっちが得なんですか?

山崎弁護士の顔写真(山)「難しいご質問ですね。(笑)
在り来たりな回答ですが、どちらもそれぞれ
メリット・デメリットがあると思います。

ご自身で請求される場合は、費用がかからない。
もちろん戻ってきた過払い金は全てご自身のものになる。これが一番のメリットです。

ただし、計算などの事務作業や相手方との交渉を全て自分で行う必要があります。また、裁判を起こすにしても、時間と手間と労力をかけて行う必要がありますね。

事務所に依頼する場合は、全ての工程を事務所が責任を持って行います。弁護士は交渉のプロですから、もちろんご相談者様にとって最大限のメリットが出るよう、計らいます。

裁判を起こす・起こさないも、メリットがでないものをお勧めすることはありません。その代わりに、依頼するには費用が発生します。ここが最大の違いですね。」

- うーんでも、計算も交渉も、自分でやってやれないことはないですよね?

(山)「ええ、そうですね。特に貴方のようにバイタリティに溢れる方ならご自身で行えます(笑)。計算をするのも、パソコンで簡単に利用できる計算ソフトなども最近は出ています。近頃の若い方は慣れておられるでしょうが、問題は使いこなせるかという点です。

うちの事務所の事務員も入所当時は全く使えないし、引直計算もずいぶん間違っておりましたので。。。(汗)」

- 確かに・・。ところで、実際に返金される金額って、依頼するのと自分とでそんなに差があるものなんでしょうか?

(山)「基本的に大きな違いはありません。しかし、一つ言えるのは業者も事務所相手には自ずと対応が変わるでしょうということです。

ご相談にいらっしゃる方に話を聞くと、ご自身で計算をするため『取引履歴がほしい』と業者に伝えたところ、別の窓口の担当に電話を代わられて、

『残りは◯◯万あるが、全て免除する。あなたにも十分メリットがあるので、これをもって取引を終了しましょう』と言われた、と。

所謂『ゼロ和解』を持ち掛けられている訳ですが、一般の債務者の方は支払いが免除されるならとそれを受け入れてしまう。

業者も慈善事業をしているわけではないので、自分達にメリットがあるよう動く。つまり過払いがあって、それを請求されては困るからそういうことを言っている可能性がある。」

- 実際に、そんなケースはあるんですか?

(山)「ええ、その方の場合は残債を大きく上回る過払いが発生しておられ、返還請求のご依頼をお受けしました。結果的にご自身で話をされるよりも多くの利益を得ていただくことができました。」

- はぁ、そんなこともあるんですね・・。

山崎弁護士の顔写真その2(山)「はい。
ご自身がご納得いただき解決できることが
一番いいことかと思います。
しかし、何が正しいことなのか、
判断するのもなかなか難しいことだと思います。
私たち弁護士は、そういった方々のお悩みを解決するためにいます。

弁護士に相談すると、相談料を取られるのでは?などお声もいただきますが、そんなことがありません。

借金問題に関するご相談は電話でもメールでも無料でお受けしています。履歴をご自身で取り寄せてさえいただければ面倒な引直計算もサービスで行っています。」

- そうなんですね!本日はお忙しいところ、本当にありがとうございました!

(山)「いえ、私の方こそありがとうございました。一人でも多く、借金地獄から解放されることが私の喜びでもあります。 何かご不明なことがありましたら、お気軽にご相談をください。」

プルーデンス事務所のフリーダイヤル

では、実際に過払い請求をプロにお願いすると、料金はいくらぐらいかかるのでしょうか?

口コミサイトなどでは、だいたい支払いすぎてしまった「過払い」により、取り戻したいお金の2割を債務整理のプロに支払う、というケースが多いようです。

例えば、その過払い金請求の金額が10万円なら2万円、100万円なら20万円などのイメージですね。

自分で過払い金請求を行えば、これらの金額はセーブできますが、消費者金融は、対応のしっかりしている大手ばかりではありません。小さな会社や闇金など、素人では対等に話しができないケースもあります。

過払いの請求は、経験豊富なプロの力を借りて解決するするのも個人的にはオススメです。

ということで、先ほどインタビューにご協力いただいたプルーデンスさんを含め、私が個人的に良いかな?思っている法律事務所を比較してみました。

プルーデンス法律事務所 田中繁男法律事務所
着手金 0円 債権者1社につき29,800円
費用 債権者1社につき解決報酬金21,000円

返還額の18%
債権者1社につき19,800円

返還額の19.8%
営業時間
営業日
24時間365日
年中無休
24時間受付
年中無休
その他 計算無料キャンペーン中!
相談無料・初期費用無料
全国対応!
月々の支払応相談・初期費用なし
リンクパートナー総合法律事務所 近藤邦夫司法書士事務所
着手金 債権者1社につき19,800円

返還額の19.8%
債権者1社につき20,000円
費用 債権者1社につき19,800円

返還額の19.8%
成功報酬20,000円~

返還額の20%
営業時間
営業日
24時間受付
年中無休
24時間受付
土日OK
その他 女性スタッフ対応!
全国対応・費用分割可能
相談無料・全国対応
後払い、分割払い対応
田中繁男法律事務所

田中繁男法律事務所は、六本木のミッドタウン近くに開設している、債務整理に専門的に特化した法律事務所です。

1970年に弁護士登録をされているので、主婦、自営業、会社員を問わず、幅広い人を対象に、過払い請求のできる実例を多くちりばめ、丁寧な情報発信をしています。(キャリアはなんと40年超!)

田中繁男法律事務所のホームページでは、その条件や、メリット、デメリット、手続きの流れを丁寧に説明しています。無料相談もウェブで受け付けています。

事業所は六本木でアクセスも良いですし、電話・メールで無料相談を受けているので、時間をきめてゆっくり話を聞いてもらうことができます。

過払いの相談なら、経験豊富な田中繁男法律事務所に任せれば、必ず解決してくれる、という安心感があります。

弁護士法人リンクパートナー総合法律事務所

横浜にある「弁護士法人リンクパートナー総合法律事務所」は、着手金0円で無料相談も実施しています。

過払いの悩みを抱える人は、とにかく一日でも早く安く解決してほしい、というのが本音です。そんなニーズに応えてくれるのがリーガルハンズです。

女性窓口も開設していて、主婦・OLの方など「男性には話しづらい」「同じ女性に話を聞いてほしい・・・」というニーズにこたえているのが特徴ですね。

自分のケースは過払い? それとも? と迷っている人は、まずここで簡単な診断をしてみることをオススメします。

近藤邦夫司法書士事務所

近藤邦夫司法書士事務所」は、東京を拠点に、全国から相談を受け付けている司法書士事務所です。

迅速、的確、安心をモットーに掲げ、料金体系に透明性があり、信頼できそうです。週末も祝日も相談にのってくれます。ちなみに、費用の分割も可能です。

その他過払い金に関して気になることのQ&A

過払い請求については、すでに支払いを終えた借金に対しても、完済後10年未満であれば、請求ができる可能性があります。

私の借金清算はどうだったのかな? と迷ったら、まずはウェブで過払いの診断をしてみましょう。

また、過払い請求をすることで、プライバシーは守られるのか? と気にされる方も多いと思います。

この点に関しては、家族などが保証人になっていない限り、プライバシーは保証されます。

そして、債務整理会社からの手紙は、差出人が個人名で届くように配慮してくれるケースが多いです。

債務整理会社に借金の整理をお願いした場合、金融会社から個人への督促や取立てなどは禁じられています。

もし、そのような問題が発生したら、速やかに整理会社を通して解決してもらいましょう!

プルーデンス事務所のフリーダイヤル

コンテンツカテゴリー
運営者情報
QLOOKアクセス解析